« 2008年4月 | トップページ

2008年7月22日 (火)

自分の頭で考えることの大切さ

6月25日に土本典昭さんのお通夜があった。そこで、喪主・妻の基子さんが弔辞
を読んだ。そのなかでこう話した。

「土本は戦争中に、天皇の赤子(せきし)として育ちました。そういう教育をう
けたのです。終戦後、その間違いに気づき、自分で考えることの大切さを知りま
した。水俣やアフガニスタン、原発の映画を作るとときも、考えて、考え抜いて
作りました。考えることが快楽になっていました」

私は土本さんから映画の話を聞く機会は多かったが、戦前の「天皇教育」の話は
直接聞いたことがなかった。だから基子さんの話は新鮮だった。多くの昭和ヒト
ケタ世代がそうであるように、土本さんの原点も「180度価値観が転換した敗戦
ショック」だったのだ。きのうまで正しいとされたことが、何の説明もなく間
違ったこととされ、だれも責任をとることなく、軍国主義から民主主義に変身し
た日本。二度とだまされまいという決意が「自分の頭で考える」という土本さん
のその後の基本になったのだろう。同じ話は、国労闘争団・佐久間忠夫さん(昭
和ヒトケタ世代)もよくいう。「あの時大人は何をやっていたんだ。だから自分
が大人になったいま、自分の頭で考え自分で行動する」と。

敗戦から60年以上が経ち、民主主義を支えてきた護憲勢力と言われた「左翼・労
働組合」などが、相当程度に弱体化している。その原因はいくつもあるが、その
一つに「自分の頭で考え行動する」人間をベースした運動・組織になりきれな
かったことがあるように思う。上が決めれば(変われば)下は付いていくだけ、
組織のなかで個人の創意性は活かされず、ということはなかっただろうか。

ボロボロになった民主主義を取り戻す第一歩は、「自分の頭で考え行動する」自
立した人間をベースにした運動ではないか。土本典昭さんの生き方をみて、あら
ためてそう思った。(ラビ)

| | コメント (28) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ