« どうなっているのニッポン | トップページ | 自分の頭で考えることの大切さ »

2008年4月 7日 (月)

TV番組「兵士たちが記録した南京大虐殺」をみて

4月6日の深夜、「日本テレビ」で放映したNNNドキュメント08「兵士たちが記録した南京大虐殺」(50分・ディレクター=中村明)という番組をみた。説得力があった。福島に住む小野賢二さんが、地元出身の元日本兵の「陣中日記」を丹念に掘り起こした記録だが、そこに刻まれた事実には重みがあった。小野さんは「当時書いたものと現代の証言とは違う。証言は本人の考え方が変わると変化するので限界がある」として、当時戦場で書かれた「陣中日記」に徹底的にこだわった。その日記を入手するために、元兵士を探しあて実に20年の時間をかけている。よくて1年に1冊入手するペースだったという。それも、小野さんは学者ではなく製造業で40年働いている労働者であり、その合間に調査を続けた。

小野さんがこだわったのは、福島・会津若松の「歩兵65連隊」という一つの部隊だった。発掘した「陣中日記」には、補給路をもたず「徴発」(略奪)しながら進軍する様子、そして南京を陥落したものの大量の捕虜に困り果て、虐殺に及ぶ経緯を見ることができる。日記には「捕虜兵約3千を射殺」「捕虜残部1万数千を銃殺」という生々しい文字が残っている。揚子江の川岸に1万人以上を囲いこんで、機関銃でダダダダと撃ち殺していくさまは「阿鼻叫喚」だったと、元兵士が94年撮影のビデオで語っている。揚子江の川岸が選ばれたのは、死体を河に流せるので処理が容易だったこと(それでも丸2日かかっている)、南京郊外なので外国に情報がもれにくいことなどがあったという。

元兵士はまたこう語っていた。「銃殺した死体にガソリンをかけて火をつけた。そして死骸を銃剣で突いて歩いて、トドメを刺した」と。「なぜガソリンをかけたのか?」という質問には、理由を述べることなく「命令だったから」というだけだった。「命令だったから」というこの言葉に「職務命令だから」「上からの指示だから」と、おかしいことにおかしいと言わなくなった今の日本を私は連想してしまった。

これまで南京大虐殺については、数万か10万か30万か、など数字の問題ばかりが話題になっているが、この番組をみると、少なくても会津若松の歩兵65連隊が行った虐殺の数字は明確だった。でも、数字よりもこうした侵略戦争の真実を知り、後世にきちんと伝えていくことが一番必要だろう。番組は、狩り出された下層農民の日本兵が家族を思いながら、精神的に追い詰められていく過程や心理も描いていて、奥が深い。深夜に流れたのは惜しいが、「靖国 YASUKUNI」の上映中止騒ぎのなかで、こうした優れた番組がマスコミに流れた意味は大きいと思う。(ラビ)

|

« どうなっているのニッポン | トップページ | 自分の頭で考えることの大切さ »

コメント

はい、また違う。世田谷区程の広さしかない南京内で数万単位の住民をリンチにかけて焼き殺すほど当時の日本陸軍に精神的余裕や豊富な武器弾薬は、あり得ません。
それと会津若松65連隊などと言うけったいな愚連隊は、存在していません。ジャーナリストを気取るならその位自分たちでちゃんと調べなさい。
それから〝ガソリン〟を撒いて死体処理???もう馬鹿馬鹿しいと思えない時点でジャーナリスト失格です。「ダダダっと機関銃で捕虜を次から次と撃ち殺す云々」馬鹿ですかあ?そんなハッチャラメッチャラな軍律で大陸の奥地まで進軍できませんよ(笑)南京郊外だと情報が遮断される?いえいえそもそも南京に郊外なんてあり得ません。馬鹿ですかあ?いい加減にしなさい。ちゃんと調べなさい。裏を取ると言う地道な作業を怠るな。ジャーナリズムの基本です。もう少し真面目に生きなさい。

投稿: ゼブラ | 2008年5月14日 (水) 20時04分

65連隊の虐殺について戦後、隠蔽文筆活動をして来たのは福島民友新聞社の論説主幹でもあった阿部輝郎氏です。それに協力して来たのが終戦時少佐で南京陥落時少尉の平林貞治氏です(氏は戦友会会長もされています。)。これらの事実は父(栗原利一)宛ての故板倉由明氏の複数の手紙から判明しています。南京に対する否定的なコメントは防衛省防衛研究所戦史部を中核とした人々による意図的なものです。あまり気にされないほうがいいと思います。

投稿: 核心 | 2008年7月14日 (月) 07時21分

おい、ゼブラとやら批判するならするでちゃんとした言葉遣いをしろ、正しい日本語も使えないような礼儀知らずの馬鹿に他人を叩く資格はない。

投稿: R | 2008年8月28日 (木) 12時36分

なぜ栗原利一の息子の話で南京大虐殺があったことが証明されてしまうのか?

1.栗原利一は魚雷営の1日目の中国人の2千人の斬首について、息子に話していた。

2.大湾子の捕虜殺害は1万3千5百人である(スケッチブックより)。

3.65連隊は全体で2万人の捕虜を殺害した(小野賢二氏の聞き取りより)。
  (当時の新聞なども同じ数字を捕獲捕虜として挙げている。)

4.魚雷営の捕虜殺害は65連隊である(小野賢二氏の聞き取りなどにより)。
  (魚雷営の2日目、3日目は5千人が殺害されている。)

結果として65連隊の2万人の捕獲捕虜の殺害について全て明白になる。

栗原利一は全体で7万余人と記述している(スケッチブックより)。
これは当時公表された捕獲捕虜や遺棄死体数とほぼ一致する。

つまり、日本陸軍は南京陥落時に全体として7万余人の捕虜を確信的に殺害したのである。

(中国側の言う30万人は死体の数なので矛盾しない。)

投稿: 核心 | 2008年11月10日 (月) 15時52分

この資料及びYtubeなどの資料も拝見しました。日本兵の中国人に対する情感も読み取れ、さすが日本人だなと感じました。戦争ですから、相手を殺す事が目的で自国の為に戦地に不本意ながら出向いた方々が多いとも想像します。
敗残兵や捕虜の扱いも敵地での食糧事情から実に難しかったであろう事も、暴動鎮圧のための射殺も十分有り得るし事実と想像出来ます。その様な前提条件で、読んだり視聴させてもらうと、この資料が東京裁判や中国で言われる非戦闘の民間人南京大虐殺と何の関係が有るのだろうか?と思ってしまいました。極々、自然な感想です。
が、数十年も事実関係解明の為にご努力されている姿には頭が下がり、中国人では不可能な作業とも思いますし、ご努力を尊敬していますし、調査結果を否定している訳でも無い事を付記致します。

投稿: 中国駐在 | 2012年9月20日 (木) 15時15分

 裏を取らずに捏造も平気な藤原彰や本多勝一が一緒に編集しているから信頼性が疑われるのです。
 捕虜の殺害や強姦事件が少なからず有った可能性は否定しません。それが戦争の悲惨な事実ですし、どんな戦争もそれを伴って来ました。リベラルと称するインテリ達に乗せられているのでなければよいのですが、

 『北岡伸一教授は、「南京大虐殺が有った事は、動かしようのない事実であり、専門家でない人が色々勝手な事を言っている云々」と批判しています。朝日に騙され日本を逃げたNYタイムズのニコラス・クリストフも「中国の主張は誇張であるが、南京大虐殺が有った事は事実であるから日本人は謝るべきだ」と述べた。
 しかし、その「南京事件の有無」もさることながら、「その内容が問題」なのです。軽はずみに「有った事には変わりは無い」と言って欲しくないのです。捕虜を沢山処刑しただけでなく、本多勝一やアイリス・チャン、中国共産党の「猟奇的な強姦殺人、誇張や捏造」まで認めることになるのですから。
 そんな安易な事を述べる人たちが専門家と言えるのでしょうか。それこそ歴史家なら、大雑把に南京事件が有った事を殊更強調するより、背景や可能性、「何処までが正しいく、何処からは間違っているのか」を伝えて貰いたいのですが。
 本多氏とお友達である笠原十九司氏は他の学者達を批判して「木を見て、森を見ず」と批判しましたが、逆に「学者なら木と森両方を見て、多面的に本質を突き詰めて頂きたい」と言う言葉を北岡氏や笠原氏お二人にお返しします。本多さんは論外です。
 又中国に迎合するより、日本人として本多勝一やアイリス・チャンのいい加減な嘘を正して欲しいのですが。』

 本多勝一と朝日新聞は、1970年前後、日中国交正常化に合わせて、『老婆や子供まで虐殺された』と
嘘の写真を記載し、中国共産党から言われるままに垂れ流した。更に朝日新聞は、本多が子供から聞いた「万人坑」まで一次資料で事実でもあるかの様に記載し反日を煽ったのです。笠原十九司氏などは、本多の嘘を参考に、辞典にまで記載する始末です。
 
 アイリス・チャン、笠原十九司氏達は、江沢民政権発足後、再度、「少女を犯し、肉を切り裂き食べた」、
「妊婦を犯し、腹まで引き裂いて、内臓や胎児を引きずり出した」、「女性を犯した後、殺して陰部に棒を立てた」、「見える中国人は、子供も大人も全部殺した」、「夜中、酒を飲んで多くの兵隊たちが、徘徊して強姦、略奪、放火を行った。」等の中共からの伝聞や東京裁判の資料を元に、これまた捏造写真を沢山記載し、反日を煽りました。「結論有き」の姿勢だから自分達の主張に合う事しか書かないし、論調が中立ではないのです。
更に「中国人が行った残忍な日本人、韓国人虐殺」(第一次南京事件、通州事件、済南事件、成都事件、北海事件等)や「国民党による共産兵銃殺・処刑写真」や「反日映画」の写真まで日本兵がやったと彼らの著書に記載したのです。

 彼等が煽った年代を見ると如何にも政治的であるかが分かります。事実云々以前の問題であり、中国共産党に操られ、国民間の「友好を潰して来た」彼らの罪は大き過ぎるのです。

 彼らの主張は、「捕虜の虐殺」に絞られ虐殺があった証言を羅列し、「中国兵は全く悪くなかった」とプログの全ての事象で主張し、過去も含め、便衣兵やテロリストの事件や中国兵による捕虜の惨殺や国際法違反、民間人惨殺事件等の事実は無視し、「日本だけが悪い」、「日本人は残虐だ」と言いたい意図が見え見えです。
 そのくせ、民間人虐殺や婦女子の猟奇的な強姦殺人の話が彼方此方に出て来ます。
 また、「東京裁判の証言が、安全区に限られていた」にも拘らず、南京事件死傷者数の水増しを狙った為なのか、南京城周辺の莫大な地域にまで拡大し、虐殺が1938年年初以降も続いたと期間まで自分たちの都合の良い様に延長しています。笠原氏の本も良く似ています。
 「三光作戦」が聞いて呆れます。これも「中国兵が行った清野作戦」に他ならないのです。外国人ジャーナリストが、本国にその状況を書き送っているのですから。上海事変以降、中国兵により、住民は住居から追い立てられ、住居や畑は焼かれたのです。
 ましてやあの時代の中国であり、中国側も捕虜の虐殺や死体を切り刻んだりしている。第一次南京事件、通洲事件等の猟奇的強姦虐殺事件、中国側も誤爆、テロ、要人暗殺を行い、南京安全区での中国敗残兵による女子大生強姦が有った事実は、外国人達の報道にも有るのです。
 半分述べて、半分隠すのは、捏造になるのです。

投稿: ルパンIV | 2013年2月17日 (日) 21時26分

とりあえず、「中国もひどいことをやってたんだから、日本だけが責められる筋合いはない!」というのは、やめてはどうでしょうか。悪いことをして先生に怒られ、「僕だけじゃないのに!」と言い訳している小学生のようで…。

日本軍の側にも、捕虜に与える食糧がない、中国市民と中国兵の見分けがつかないなど、いろいろ事情はあったのでしょうが、南京で捕まえた捕虜(?)たちを機関銃で流し打ちするように殺したというのは、この番組を見る限り、否定できそうもないなぁと思います。

前に見たTBSの夕方のニュースでも、元日本兵たちが、同じようなことを証言していました。そうしたお年寄りたちの証言を完全に無視して、「そんなことあるはずがない」と決めつけるのは、ちょっとなぁ…という気がします。

殺された人数とか、殺し方とか、いろいろ細かな部分ではウソをつく人がいたり、事実と違うこともあるのでしょう。私は大学と大学院で日本の近現代史を専攻しましたが、別に専門家でも研究者でもないので、とりあえずその辺は歴史学者たちの議論に任せたいですね。

それよりも、私は善良な日本の市民が(他の国でも同じでしょうが)、戦場では残虐な行為に走ってしまう心理状況や、政治的・文化的な背景に興味があります。自分もその時代にいれば、同じことをしただろうなぁと思うからです。「戦争とはそういうもの」の一言で片付けず、深く追究してみたい問題です。

投稿: とりあえず | 2013年9月21日 (土) 21時52分

戦争は人と人が殺しあうのが基本です。相手は自分を殺すために撃ってくる。自分は相手を殺すために撃つ。そうした戦場の中、私の祖父も上海戦を生き抜いて南京へ向かいました。南京への行軍は大変辛いもので、軍からは満足な食事もなく、十分な睡眠もゆるされず、栄養失調になって落伍してしまった兵士も多かったそうです。またたびたび敗残兵や民間人の格好をした中国人に襲撃を受け、死んでいく戦友をみながら、10貫以上の背嚢を背負って一日40キロ近くひたすら南京へ歩いたそうです。こんな状況が毎日続くと、人間の精神状態はどうなるか。私は南京事件を肯定する人否定する人両方に、兵士たちと同じ経験をしてから語ってほしいと思っています。軍上層部のいいかげんな作戦のため、最前線で地獄を見た祖父たち日本兵の心の叫びが、否定派・肯定派の人からも聞こえてきません。日本の名誉を守ることは大切かもしれません。でも戦争体験に悩む元日本兵、戦争によって家族を日本兵によって殺された中国人も存在していることを忘れて、日本の名誉を守るという意見には賛同できません。

投稿: koji | 2013年12月 5日 (木) 18時50分

確かに日記は古いし本物の様に見えますが、
機関銃で向かい合って撃つでしょうか?特に揚子江に流したと言ってますが、当時揚子江は海との連絡通路です。そんな所に何万もの死体を流せば日本軍が虐殺していると宣伝していると同じです。一回に一万人も向けて機関銃で撃てば暴動が起きて逃げ切れる人も出てきますよ。
死体を黒こげにするまでガソリンを掛けて燃やすなら一人に何リットルのガソリンが必要か計算したら現在でも無理な気がする量に成るよ。

投稿: | 2014年3月14日 (金) 13時07分

向かい合って撃ったせいかは分からないけど日本軍も同士討で死傷者を出したみたい。そして長江に大量に流された死体は指摘の通りにあちこちに流れ着いて写真にも撮られてる。それと、ガソリンをかけて焼いたのは生き残りを炙り出すため。

投稿: らむぜ | 2015年8月 7日 (金) 22時00分

>そんな所に何万もの死体を流せば日本軍が虐殺してい
>ると宣伝していると同じです。

パネー号事件というのがあったのを知らないのでしょう。
当時、長江には欧米人保護のために外国の砲艦が航行していたのです。

わざわざ、何キロも大勢の捕虜をつれてそんなとこで虐殺するでししょうかね?

ちょっと考えればわかる話でしょう。

それから、大勢の捕虜を連行するだけで大変なのに、鉄条網の設置するための人員をどこからもってきたんでしょうね。

現に、簡単な囲いしかされずに捕虜がいつでも逃げ出せる状態だったが手一杯で仕方なかったという記録もあります。

また、証言者はすべて仮名で本物かどうかわからないなど、証拠能力がないというのも問題。

投稿: | 2015年10月 5日 (月) 01時39分

>向かい合って撃ったせいかは分からないけど日本軍も
>同士討で死傷者を出したみたい。

歴史の本なんか読んでいると、虐殺というのは建物に押し込めて放火する、少人数にわけて殺すというふうに、反撃されて被害がでないようにするものです。


日本軍に被害者がでたということは、素直に事故であったと考えたほうがいいでしょうね。

予備知識がなく、おどろおどろしい演出でそれらしく言われると信じてしまうのでしょうけれども、歴史好きでいろんな戦争や虐殺の記録の知識があると違和感がありますね。

投稿: | 2015年10月 5日 (月) 01時45分

脇坂連隊で検索してみてください。弾も油も米も水も足りていません。そんな過酷な状況で虐殺などできるわけがないんです

投稿: | 2015年10月 5日 (月) 01時51分

>確かに日記は古いし本物の様に見えますが

これには笑いました。

子供だましです。

万年筆で書かれていますが、インクが雨などで台無しになることも知らない。

染料インクは濡れたら滲むのですよ、最近は万年筆を使用している人が少ないから、こんな子供だましにも引っかかるのですね。

投稿: | 2015年10月 5日 (月) 01時59分

NNNドキュメントで南京事件を取り上げていたのでお知らせしておきます。

デイリーモーションでご覧いただけます。

投稿: 核心 | 2015年10月 6日 (火) 19時14分

NNNドキュメントの「南京事件 兵士達の遺言」はBS日テレで10月11日(日)午前11時より再放送されます。

65連隊の2万人の捕虜のうち、幕府山の捕虜1万3千5百人の殺戮と、魚雷営の殺戮などが取り上げられています。
65連隊の捕虜殺戮を長年、調査されている小野賢二氏の活動を中心に構成されています。

投稿: 核心 | 2015年10月10日 (土) 09時44分

そもそもNHKは(もとよりTBSも?)、南京事件や慰安婦問題など日本軍の残虐性については、ひどい(犯罪的)偏向報道をしてきたメディアではないか。NHKは「JAPANデビュー」では集団訴訟され、2審で敗訴している。

しかし、幕府山の件に関しては、小野賢二氏が発掘したという20余点の日記、日誌は、その全てが本物ではないとしても、かなり信憑性があり、幕府山などにおける1〜2万人の捕虜虐殺は史実ではないかと思う。

ただ、いわゆる南京市民20〜30万人大虐殺大強姦は事実無根であろう。

投稿: 名無し | 2015年10月13日 (火) 17時08分

日本兵より多い数の捕虜が、連行され殺されることをわかっていながら、なぜ暴動を起こさなかったのか疑問。

半分の捕虜は逃げたというもう一つの説もあり、難しい問題です。

どちらにしても、日本人が認識する南京虐殺は幕府山事件で、中国人がいう30万人大虐殺ではない。

投稿: | 2015年10月19日 (月) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163413/40804393

この記事へのトラックバック一覧です: TV番組「兵士たちが記録した南京大虐殺」をみて:

» 城田優 [城田優]
城田優 [続きを読む]

受信: 2008年4月 7日 (月) 19時55分

« どうなっているのニッポン | トップページ | 自分の頭で考えることの大切さ »