« がんもそんなに悪くない | トップページ | TV番組「兵士たちが記録した南京大虐殺」をみて »

2008年2月18日 (月)

どうなっているのニッポン

Iwaizawa 2月15〜16日と1泊で北海道・岩見沢に行った。わずかな時間だったが、さまざまな体験をした。一番ショックだったのは、岩見沢駅前がシャッター通り(写真)になっていたこと。人口9万人で特急も止まるところなのに、メインストリートは壊滅状態だった。その一角にあった3階建てのビルに「グッドウィル」の文字がみえた。地域が破壊され、仕事がない人たちが「グッドウィル」を通じて、都会に出稼ぎに行く構図そのものだった。

交通ではアクシデントに見まわれた。新千歳空港に到着してJR快速に乗ろうとしたら、「人身事故」が発生したため止まっているとのこと。仕方なくバスに切り替えたが、2時間も遅れてしまった。新聞を読んだら、列車に飛び込み自殺したのは高校二年の男子生徒で17歳だった。地元の人に「東京でも人身事故(自殺)が多いが、こちらはどうなの」と聞いたら、やはり「多い」とのこと。日本全国「人身事故」だらけである。

そして16日の帰りの便。新千歳空港は、朝から大雪で滑走路も雪に覆われていた。午前10時発のJAL便に搭乗し、駐機場で1時間近く待たされたが、私が乗った便は、無事離陸した。機内のモニターTVで滑走路が写されていたが、ほとんど視界がない状態。「これでよく飛べるものだ」と一抹の不安を感じたところだった。ところが、東京に着いてから、ニュースを知って驚いた。私が乗った便と同じ時間に空港で駐機していたJAL機が、管制官の指示を取り違え、滑走路に他の飛行機がいたのに離陸を開始し、あわや衝突という事態が起きていたのだ。

機長は管制官からの「expect immediately take-off」(すぐ離陸できるように待機せよ)を「immediately take-off」(すぐに離陸せよ)と聞き間違えたらしい。聞き間違えた理由は、「早く飛ばなければ」とあせった機長の心理状況にあったのではないか。JR尼崎事故でも運転士が、処分を恐れ「遅れを取り戻せねば」というプレッシャーの中で無理にスピードを上げたわけだが、飛行機の機長にかけられている「定時運行のプレッシャー」も相当のものだろう。過密ダイヤを強いられ、余裕がないのである。私も東京に飛行機が着いてわかったのだが、東京で乗り換えて次の目的地に行く客がけっこう多い。そうすると、最初の便が遅れると乗り継ぎができない客がでてくることになる。機長がとにかく早く飛びたい、早く飛びたい、という一心だったに違いない。

もし「離陸ストップ」の管制官の指示が間に合わなかったら、ジャンボ機衝突による大惨事が発生し、私はパニックの現場にいたはずだ。考えただけでゾッとする。金儲け優先のゆとりのない効率経営は、危険と隣り合わせ。本当に危ない日本になったものだ。(ラビ)

|

« がんもそんなに悪くない | トップページ | TV番組「兵士たちが記録した南京大虐殺」をみて »

コメント

違う。まず時間軸がおかし過ぎて普通の人間に口で説明出来ないでしょう。
日本がおかしいと言う結論を言いたいが為に無理難題を繋ぎ合わせているのが見え見えです。
大人の理論構成ではありません。
反抗期の中学生が言いたい事の結論を最初に用意して後は、何でもいいからシステムのアラをこじつけて相手に怒りの妄想を押し付けるやり方です。
違う。全くやり方を間違えています。

投稿: ゼブラ | 2008年2月20日 (水) 08時25分

おい、反戦軍団。どうしてチベット民衆平和デモが暴動扱いで人民警察に撃ち殺され捲ってんだ?

お前らの中共様がやらかしている人権蹂躙には、何の咎め無しか?大した平和主義だな。

投稿: ゼブラ | 2008年3月18日 (火) 02時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163413/40167493

この記事へのトラックバック一覧です: どうなっているのニッポン:

» エディソン・チャン(香港・俳優) [エディソン・チャン(香港・俳優)]
お隣の中国は香港で人気の俳優さん、エディソン・チャン(陳冠希)さんの画像と動画です。色んな女優さんとのスキャンダルが発覚して、中国では凄いニュースになってるとか。。。 [続きを読む]

受信: 2008年2月18日 (月) 21時24分

» エロ動画最強はフェラ動画 [フェラ動画しか愛せない!!]
プロレス、柔道、柔術、ボクシング、空手、ジークンドー、ムエタイ、キック、カポエラ・・世の中にはたくさんの格闘技があり、その中での最強が何か決まっていないように、エロ動画にも様々なシチュエーションがある。本番、手コキ、足コキ、言葉攻め、SM、フェラチオ、パイズリ・・果たしてどれが最強のエロ動画なのか・・その答えは未だ出ていない。だが俺はあえて断言しようじゃない... [続きを読む]

受信: 2008年2月19日 (火) 11時58分

« がんもそんなに悪くない | トップページ | TV番組「兵士たちが記録した南京大虐殺」をみて »