« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月21日 (水)

詩人・井之川巨さんの一文

社青同解放派(新左翼の一党派)の幹部で、1980年代に内ゲバで殺された「永井啓之追悼集」という本を偶然手にした。68年ベトナム反戦から始まる「政治の季節」を生きてきた私としては、内ゲバ問題は他人事ではなかった。それが今も「セクト主義」という形で、日本の社会運動に影を落としているから、なおさらだ。

その追悼集のなかで井之川巨さん(詩人・故人)が書いた「“敵を殺せ”考」というタイトルの文章が強烈だった。氏は、1950年代の共産党の軍事路線「地域人民闘争」に加わるが、外部への暴力ばかりでなく、内部の人間へのリンチ・拷問などの党内暴力を体験している。その後、55年「六全協」で共産党は軍事方針はまちがいだったと180度路線転換をするのだが、なんの反省も総括もなく行われたことにショックを受ける。かれにとって、1945年に学校の教師が「戦争礼賛から民主主義礼賛へ」180度転換した時に受けたショックと同じで、55年を「二度目の敗戦記念日」と書いている。氏の文章は続く。「その後、共産党の弱腰を批判して登場してきた新左翼セクトは、基本的に共産党となんら変わるものではなかった」と。

こんな一文もある。「革命党は団結を美徳とし、少しのひび割れもない一枚岩の党をめざす。したがって、人間が本来もっている多様な顔、多様な意見を嫌い、これを否定しようとする」「限りなく固い団結を求めることによって、限りなく異なった意見や個性的な感性を排除しようとする。これは実に耐えられないことだ。僕は文学や詩活動によって革命運動に参加したいと申し出たが、党会議で一笑に付され、即座に拒絶されるというめにあった」。

人間の解放のための運動や組織が、逆に人間を抑圧するものに転化してしまう実例には事欠かない。労働組合もけして例外ではないだろう。いったいそれは何故なのか、どうしたら防げるのか。井之川巨さんの一文は、とても刺激になった。(ラビ)


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

やっぱりマック!

Th_sa410004 長年(10年近く)、私のメインマシンはマック0S9のiBOOK(写真左)だった。しかしここ数年、時代の波に押されぱなし。マック0S9だと、動画再生はほとんどだめだし、ホームページもレイアウトがちゃんと見られない、ワードはすぐフリーズするなどトラブルが多かった。それで、動画など扱う時やワードを開くときは、ウィンドウズXPに頼らざるをえなくて、最近はウィンドウズノートの前に座ることが多かった。次に導入するマシンは、ウィンドウズのデスクトップと決めていて、格安パソコン・デルのカタログを眺めていた。ところがだ。たまたま格安パソコンを検索していたら「楽天」でマックOS10.3(パンサー)の「デザイン抜群」の中古デスクトップ(写真右・楽天のページ)が、超特価48,800円で売っているのを発見。メモリーも1ギガ付いていて性能は申し分ない。安すぎる。それで衝動買いに走ってしまった。届いた品物を見て、またびっくり。キーボードの色が「色あせ」している以外、すべて新品。それにサクサク動く。ワードのことが心配だったが、付属のテキストソフトでワードも開いたり、更新できることがわかった。ほとんど敗北したかに見えるマックだが、両方のマシンを使ってみて感じるのは(よく言われることだが)、ウィンドウズが「機械・機械して」冷たい感じがするのに対して、マックはとても「フレンドリー」なのだ。この説明しがたい微妙な感覚が、マックから離れられない理由だ。動画再生については、マック用の「ウィンドウズメディアプレーヤー9」をダウンロードしたら、ユニオンチューブは見ることができたが、「イラク平和テレビ」はだめで、TBSニュースサイトのwmv再生もだめだった(リアルプレーヤーなら見れる)。ネットで調べてみたら、やはりいろいろ相性のトラブルがあるらしい。それに、マイクロソフトは今後、マック用のwmvソフトのバージョンアップを打ち切るという。超特価の理由もそのへんにあるのかもしれないが、私としては大満足の買い物だった。(ラビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

牛乳トイレットペーパー海苔

友人が、今話題の歌として「牛乳トイレットペーパー海苔」を紹介してくれた。YouTubeのアドレスを教えてくれたので、さっそく見た。これが面白い。中年おとうさんの悲哀に満ちた世界なのだが、じつに生々しい。同じ作者がつくった「息子よ」という歌もいい。カラオケ風の映像センスも抜群だ。この作者がどういう人か、また今どんな形で話題になっているのか、私にはまったくわからないが、とにかくこんな歌をつくれる「才能」にうなってしまう。まあ、見てほしい。(ラビ) http://jp.youtube.com/watch?v=K9Vvo7JG6W0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »