« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月27日 (土)

ウィンナーの味くらべ

きょう「ウィンナーの味くらべ」という根津公子さんの公開家庭科授業があった。A(無添加)とB(添加物あり)の2つを食べくらべ、その成分・作られ方・社会のしくみまで学べる授業で、とても面白かった。疑問を出し合いながら、自分の頭で考える子どもを育てる教育だった。さて、まず予備知識なしにAとBの2種類のウィンナーを食べて、どう味を感じるかをテストするのだが、私はBのほうが歯ごたえがあって「おいしい」と感じた。ビールのつまみにぴったりの味だ。ところが授業がすすむにつれ、Bは、発色剤・化学調味料・リン酸塩などがてんこ盛りであることがわかった。つまり作られた味で、肉の量も少ないし、使われている発色剤は、発ガン性で、致死量が2グラムという恐ろしいもの。実際、昔、これを使った殺人があったという。根津さんいわく「Bをおいしいと感じる人は相当、添加物に侵されている」。すごくショックだった。隣のひとに「もっと早く知っていればよかった」と言ったら、「もう十分生きたからいいじゃない」と言われ、これまたショック。帰宅途中、ちょっとお腹が減ったので、コンビニに寄っていつものパンを買おうと思って成分表示をみたら、これも添加物のてんこ盛り。おにぎりも同じ。食べるものがなくなった。(ラビ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

オマワリさんは嫌いです

Sa410016_2 突然ドンドンとドアをたたく音。開けたら制服の警察官がノートを持って突っ立っている。いわゆる「巡回」である。私はすぐに「すいませんが、お断りします」。警察は「ここは仕事場ですか?」とかしつこく聞いてくるので、私は「以前もいやなことがあったので、お答えしたくありません。プライバシーの侵害ではないですか」。警察官は引き上げた。でも、突然、制服がくるとドキッとして心臓に悪い。以前といっても10年くらい前だが、やはり「巡回」があった。そのときも、断ったのだが、断られた警察官から上層部まで話が言ったらしく、公安警察が大家さんに「あの人(私のこと)はオウムか」と聞いた「事件」があった。大家さんが友達だからすぐ教えてくれたが、とんでもない人権侵害だ。警察の「巡回」を拒否しただけで「オウム扱い」にさせてしまう。まあ、それだけ、拒否する人は少ないということだろう。今度くるときは、アポをとってほしい。そうすればビデオカメラ撮影付きできちんと対応してあげる。それから外に出て散歩。いい天気だった。道路わきにあった実に、小さな小さな生き物(写真)がいた。ほっとした。(ラビ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »